つみたてNISAニュース

つみたてNISAの対象に中銀アセットの「つみたて日経225インデックスファンド」を追加

 金融庁は2月10日、つみたてNISA対象商品のリストを更新し、中銀アセットマネジメントが2月14日に新規設定し、運用を開始した「つみたて日経225インデックスファンド」を追加した。これにより、つみたてNISA対象ファンドは、指定インデックス投資信託178本、指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等)21本、ETF7本の計206本になった。

 「つみたて日経225インデックスファンド」は、日経平均株価(225種)に採用されている銘柄を主要投資対象とし、日経平均株価に連動した運用をめざすインデックスファンド。信託報酬は年0.495%(税込み)。

 2月14日にファンド設定に合わせて、中国銀行のつみたてNISA取扱い商品に加わった。中国銀行のつみたてNISA取扱い商品は、これまでの日本株を主要投資対象とした商品としては、TOPIX(東証株価指数)に連動する「eMAXIS TOPIXインデックス」だけだったが、ここに日経平均に連動するファンドのラインナップが加わった。この他、米国株式の「eMAXIS NYダウインデックス」、全世界株式の「全世界株式インデックス・ファンド」「SMT 世界経済インデックス・オープン」、そして、新興国株式を対象とした「eMAXIS 新興国株式インデックス」の全6商品になった。

 中銀アセットマネジメントは、中国銀行グループの一員として1987年11月に設立された資産運用会社。2012年5月末に設定した「ちゅうぎん日経225インデックスファンド」をはじめ、「ちゅうぎん 日本大型株アクティブファンド 『愛称:未来のゆめ』」「先進国資産配分コントロールファンド<成長型>『愛称:コア成長』」「同<安定型>『愛称:コア安定』」など、追加型公募投信として5本のファンドを運用している。5本のファンドの合計純資産残高は22年2月14日現在で188.26億円。

最新記事

つみたてNISAトップページへ>>