つみたてNISA Q&A

つみたてNISA(ニーサ)って何?
つみたてNISAは、非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度(NISA)の愛称です。
NISAは、少額投資非課税制度の愛称です。NISAはイギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルに導入された制度で、日本(NIPPON)のNをつけて、日本のISAとして、国民の4割が利用しているという英ISAのように広く普及することを願って名付けられました。つみたてNISAは、NISA口座を積立投資(累積投資契約)を通じて利用する制度です。
累積投資契約による買付とは?
つみたてNISAでは、「1カ月に1回」など定期的に一定金額の買い付けを行う方法に限られています。累積投資契約の他に、余裕資金で一度にまとめて20万円を買い付けるようなことはできません。
なお、累積投資契約の内容(最低投資金額、ボーナス時の増額など)は、金融機関によって異なるため、詳しくは、取扱い金融機関にお問い合わせください。
現在、NISA口座を持っていますが、「つみたてNISA」口座を作ることはできますか?
通常のNISA口座とつみたてNISA口座を併用することはできません。つみたてNISAと通常のNISAは、年ごとに変更が可能です。
つみたてNISAで非課税期間の20年が終わるとどうなりますか?
非課税期間20年間が終わると、つみたてNISA口座内の株式や投資信託などは、特定口座や一般口座などの課税口座に移ります。通常のNISA口座にある「ロールオーバー」の機能はありません。課税口座に移った後は、配当・分配金、売却益などには課税されます。
つみたてNISAは、どこで申し込めますか?
つみたてNISAは、証券会社、銀行・信託銀行、郵便局、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などの金融機関で取り扱っています。定期的な積立投資(定期継続買付)によって継続的な資金の引き去りがありますから、給与振替口座など常に一定水準以上の資金がある口座を使った方が便利です。

証券会社では、指定した銀行口座から毎月自動的に積立の代金を引き落す自動引き落としサービスを提供しています。

どの金融機関でも申し込むことができますが、金融機関ごとに投資対象商品の品揃えが異なります。事前に金融機関の「つみたてNISA対象商品」の内容を確認しておきましょう。

つみたてNISAの取り扱い金融機関一覧 ――金融機関名をクリックすると取扱い商品の一覧がでます。
つみたてNISA口座開設の仕方は?
用意するものは、「マイナンバーの記載書類(通知カード、マイナンバーカード(個人番号カード)、マイナンバーが記載された住民票など)」と「現在の住所が確認できる本人確認書類(運転免許証のコピー、または、健康保険証のコピー・住民票の写しなど)」です。

【手順】
金融機関からNISA口座開設書類を入手する。
 ↓
金融機関に書類に必要事項を記入の上で提出。書類にはマイナンバーを記載する必要があります。本人確認書類とともに金融機関に提出します。(記入の仕方が分からない場合は、書類を取り寄せた金融機関にお問い合わせください)
 ↓
金融機関が税務署にNISA口座開設を申請します。←→税務署が申請をチェック・確認。
 ↓
金融機関から申請結果の連絡。
 ↓
NISA口座の開設完了。
 ↓
NISA口座での取引開始。

【注意点】
・税務署での確認に1~2週間を要することがあります。
・NISA口座は1人1口座しか持てません。申し込みにあたって「NISA」か「つみたてNISA」のどちらか1つを選びます。既に一般のNISA口座がある人は、その年はつみたてNISAを開始することができません(つみたてNISAは翌年から利用することにして申込が可能です)。つみたてNISAと一般のNISAは年単位で変更することが可能です。
・NISA口座が開設できるのは、その年の1月1日現在で20歳以上、日本に居住している人です。