つみたてNISAニュース

つみたてNISA対象商品に「ハッピーエイジング20」追加

 金融庁は4月13日、つみたてNISA対象商品のリストを更新し、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントのアクティブ運用投信「ハッピーエイジング20」を追加した。「ハッピーエイジング」シリーズの採用は3本目になる。これによって、つみたてNISA対象商品は、指定インデックス投信が128本、アクティブ運用投信等が16本、ETFが3本で合計147本になった。

 「ハッピーエイジング」は、国内外の株式・債券の最適な分散投資を行うことによって、リスクを軽減しつつ、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざすアクティブ運用投信で、シリーズで5つのファンドがある。「ハッピーエイジング20」は、国内外の株式の基準組み入れ比率を90%とし、リスクを積極的に取りながら資産の大きな成長をめざす。5つのファンドの中では最もリスクが高い。信託報酬は税抜1.47%(税込1.5876%)。

 シリーズの「ハッピーエイジング30」(株式の基準組み入れ比率70%、信託報酬:税込1.4580%)と「ハッピーエイジング40」(同50%、信託報酬:同1.2960%)は既に、つみたてNISAの対象商品に採用されている。

 シリーズとしてはこの他に、「ハッピーエイジング50」(同30%、信託報酬:同1.1124%)、「ハッピーエイジング60」(同10%、信託報酬:同0.9288%)がある。

【関連記事】
貯蓄額を増やす生活習慣、「目標額を決め」「毎月決めた額を貯蓄する」こと
「つみたてNISA」開始3カ月、対象商品"売れ筋"は?
つみたてNISAの商品選び、金融機関はなぜ「8資産均等」の投資信託を選ぶのか?

最新記事

つみたてNISAトップページへ>>