つみたてNISAニュース

つみたてNISA対象商品に「eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)」追加

 金融庁は4月3日、つみたてNISA対象商品のリストを更新し、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)」を追加した。「eMAXIS Slim」シリーズの採用は7本目になる。これによって、つみたてNISA対象商品は、指定インデックス投信が128本、アクティブ運用投信等が15本、ETFが3本で合計146本になった。

 「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)」は、東証株価指数(TOPIX)、MSCI Kokusai Index(円換算ベース)、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)の各対象インデックスを均等に組み合わせた合成指数に連動させる運用成果をめざす。信託報酬は年0.15336%(税抜0.142%)と低いコストを実現している。

 つみたてNISA対象商品となった「eMAXIS Slim」シリーズは、指定インデックの連動型で、国内株式が「TOPIX」「日経平均」、海外株式では「先進国株式」(MSCI Kokusai連動)、「新興国株式」(MSCIエマージング・マーケット・インデックス連動)。そして、「全世界株式(除く日本)」(MSCI ACWI連動)。複数指数の合成指数に連動するタイプでは、今回の「全世界株式(3地域均等型)」「バランス(8資産均等型)」がある。いずれの資産クラスでも最低水準の手数料率を実現している。

【関連記事】
貯蓄額を増やす生活習慣、「目標額を決め」「毎月決めた額を貯蓄する」こと
「つみたてNISA」開始3カ月、対象商品"売れ筋"は?
つみたてNISAの商品選び、金融機関はなぜ「8資産均等」の投資信託を選ぶのか?

最新記事

つみたてNISAトップページへ>>