つみたてNISAニュース

つみたてNISA対象商品に「i-SMT」のTOPIXと新興国株式、EXE-iつみたて先進国を追加

 金融庁は1月11日、つみたてNISA(積立NISA)対象商品のリストを更新し、三井住友トラスト・アセットマネジメントの「i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)」「i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)」を追加。12日、SBIアセットマネジメントの「EXE-i つみたて先進国株式ファンド」を追加した。これによって、つみたてNISA対象商品は、指定インデックス投信が120本、アクティブ運用投信等が15本、ETFが3本で合計138本になった。

 「i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)」は、信託報酬が税抜0.17%(税込0.1836%)。「i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)」は、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果をめざす。信託報酬は税抜年0.33%(税込0.3564%)。この2ファンドが追加されたことで、「i-SMT」シリーズは、つみたてNISA対象商品として、日本株(日経平均とTOPIX)、先進国株式、新興国株式の3つのカテゴリーをカバーした。

 「EXE-i つみたて先進国株式ファンド」は信託報酬が税込0.1155%で、つみたてNISA対象商品の中で最低水準の手数料率のファンドになる。

つみたてNISA対象の主要な低コスト・インデックスファンドのシリーズ

20180112_costL.jpg

出所:モーニングスター作成


【関連記事】
つみたてNISAが開く投信新時代、信託報酬0.1%の公募投信が登場
つみたてNISA(積立NISA)で始める20年投資、過去20年間で最も儲かった投資商品は?
つみたてNISA、メリットを最大限生かしデメリットを抑えた運用方法とは?

最新記事

つみたてNISAトップページへ>>